この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

MARI

彼女の思いを知りながらも彼の曖昧な返事を聞いて罪悪感よりも安心感を得ているといった内容の文章を綴っております。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ