この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

MARI

母の死により「付き合う」といった関係性を築くことのできない彼に対し、彼女のことも意識しながらも甘い言葉で彼を繋ぎとどめている瞳の心情を綴った文章となっております。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ