この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

3

央理

毎日仕事帰りに図書館で執筆しているのですが、先日会社の人に目撃されてから背後が気になって集中できません(泣)
びくびくしながら書いた第三話です(笑)

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ