BEST ひとひら

孤壱吾朗(こいちごろう)

♡ 5

第1話から読む

恋愛や日常といってもわくわくだけではない。そんな気持ちが伝わればいいなと思います。小説というより短い話を1話1話歌詞のように「聞く」と言った感じで読んでもらえれば幸いです。そしてその話を聞いてどう思うかもあなた次第です。