この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

2

孤壱(こいち)

随分と前に書いたものなので、何を見て何を思って書いたのか薄れていきます。
砂漠と花、そして壁にかかったセピア色の絵画、
その中に描かれた人をイメージして書いたものです(確か)。
恋のタグをいよいよ外した(笑)

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ