この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

茗荷猫

こんにちは!茗荷猫(みょうがねこ)です。
前話では、おすすめぽちっありがとうございました!
反応をいただけると、あんなに嬉しいものなのですね。
感謝感謝です。
そして、第二話も、最後まで読んでくださりありがとうございます。
頭の中で思い浮かべた情景や設定を、小説に反映させるのは、なかなか難しいものですね。
「ここどういう意味なんだ」「表現可笑しくないか」などなど、ご意見いただけると幸いです。

自分の小説を読んだ後、手元の文庫小説を開くと、言葉の綺麗さ・伝わりやすさに驚愕いたしました。
プロのすごさを改めて実感しました。
いろいろな方に楽しく読んでもらえる物語を作れるよう、精進しますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ