この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

霧氷

第三話です。
読んでくださって、ありがとうございます。
診断始めると言いつつ、まだ話を聞いただけ、次回から、萌黄がしたいことをやっていきます。
書きながら、女の子って、こんなことしたいんじゃ無いのかなぁという妄想で書いております。
それでは、また、次話もよろしくお願いします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ