この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

霧氷

第五話です。
アキノさんの人間バージョン登場です。喋り方的に、初老のおじさまのイメージですが、私の中では、少年姿で喋って欲しかったという願望から生まれました。霧原さん、不憫回。霧原さんは、アキノさんの前だけ、子供っぽくなります。昔話って、歳を取ってからも読みたくなりますよね。私のお気に入りは、『一寸法師』と『鉢かつぎ姫』と『ものくさ太郎』です。他にも色々あります。それでは、また次話、よろしくお願いします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ