この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

4

トーヘンボク

どうも、トーヘンボクです。
二千字以内って、結構難しいですね。
この作品は学生選手権の方へに応募する予定なのですが……僕の技量が低すぎて、なかなか書きたいところまでいけない状態です。
切るべきところがわからず、このままだと恐らく、あと三、四話は必要な気がしています。
どうすればもっと上手く書けるのか、毎回悩みながら書いている次第でございますよ。
それで、え~……うん。なんか書くことがなくなってきましたし、今回はこの辺にしときましょう。
それではまた、お逢いできることを祈って。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ