この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

4

トーヘンボク

どうも、トーヘンボクです。
……別に、名前が決まってないわけじゃないんだからねッ!
てなわけで、今回も彼の名前は明かされませんでした。
次回はきっとわかるかと思いますが……どうしよう、無駄にハードル上がってる気がする……。
過剰な期待をしていますと結構ガッカリするかと思われますというハードル下げを行った上で、彼の名前を予想してみてください。
きっとそれすらも下回っていることでしょうとさらに下げておきます。
それと、台風が近づいてきましたね。
子供の頃は台風が来るたびに喜んでいたものですが、この年になると中々そういう気分にはなれませんね。
風で傘が吹き飛んだり、電車が止まったり、直前になってから『今日は休校です』って連絡が来て『ふざけんなッ!』ってなったり……まぁ、最後のは学生特有の悩みでしょうけど。
社会に出て働いている方々のためにも、台風来んなと祈っておきます。
ではまた次回。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ