この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

464

雨玉すもも

雨玉すももです。
『炭酸水(後編)』を読んでいただきありがとうございます。
 
男子と一緒にクールダウンしましょう、という事でこの回の解説をします。
読み飛ばしおkです_(:3」∠)_
今回、このように座椅子男子にしましたが、『フォンダンショコラ・ベリー(前編)』の挿絵はこの回の伏線でございました。
また見ていただくと味わいが変わるかと思われます。そしてこの、また見ていただく、というのは前回の『炭酸水(前編)』の一文、「ぐるぐると目が回りそうな~」にかけてあります。この一文でもループ文になってるのはそのためです。ぐるぐるがぐるぐる_(:3」∠)_
炭酸水は甘過ぎな二人のためにちょい足しで甘くないの、という意味でございました。
なんて事を考えながら『恋と甘さは比例しない』が投稿しております_(:3」∠)_楽しんでいただけてますでしょうか?
 
次回 → 『アッサムミルクティー(前編)』

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ