この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

40

ときの

お読み頂きありがとうございます。ときのです。
後半は15日です。よろしくお願い致します。
 
妖精が見えると信じていた頃が、わたくしにはありませんでした。
コビトヅカンにハマっていた友だちがいました。
桃のようなお尻のようなピンクのヤツがお気に入りだったらしく、ものすごーく熱く語ってくれました。
捕獲は成功したのでしょうか。気になります。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ