この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

52

ときの

お読み頂きありがとうございます。ときのです。
「突然奪われる唇(王子サイド)」。立場が逆だろうとか、そんなの関係ない。これは立派なお約束展開だ。
ローズの行動はただのセクハラですので、皆さまは実行してはいけませんよ。
 
ここまでローズは、王子の性格にはほとんど触れずに、ずっと顔だけを褒めていたんだぜ。恐ろしい子。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ