この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

45

ときの

お読み頂きありがとうございます。ときのです。
「主人公が“親友とヒーローとの恋路を応援します”宣言をする」。
 
「高貴なるバラを名乗るとは!」アホみたいなセリフ、人生で1回は言ってみたい。1回だけでいい。
王子はブラック王子としてのロールプレイを楽しんでいるだけなんです。見捨てないであげて下さい。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ