BEST 天国で待つ君へ

にゃんこ先輩

♡ 2

第1話から読む

君と僕は確かに存在していた。
今も君は僕の深くて暖かなところにいるだろう。
手紙を紙飛行機にして、もうここにはいない君へ向け飛ばした。
この手紙は君に届くだろうか。