BEST 紅いバラと黒い猫

龍華さや

♡ 3

第1話から読む

お父さんは幼い時からいなかった。
親戚もおらず、お母さんが女手ひとつで育ててくれた。
いつも通りお母さんの声を聞いて食事を食べて生活する。
そんな日々がいつまでも続くと思っていた。
この事件が起こるまでは。