この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

藍織

せっかくですがクリック数を減らすために、吹き出しの向きを変えるのをやめてみました。
(@付け忘れただけ)
善意で外堀を埋められてゆく恐ろしさ……。リアルでも体感中です…………。
なので、ごめんよケチュボン………と思いながら書きました。
というのは半分嘘で、早いとこ村から出て物語を進めてくれ、と思いながら書きました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ