この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

9

初原凛

蝕王鬼の残留思念「ナルホド、コイツラガ住ンデイルトコロモT県ナノカ!」
初原「そういうことです蝕王鬼さん。ちなみにU市とN市は隣接しています」
蝕王鬼の残留思念「ハッハッハ、業王鬼ガコイツラヲ屠(ほふ)ル日モソウ遠クナイトイウ訳カ! ……待テヨ? 確カ、オ前0章デ、コイツラハ闘イヲシナイッテ……一体ドウイウ意味ダ!?」
初原「まぁ、主人公達やその家族が鬼に襲われることはないって意味です。だからラブコメを期待している方は最後まで安心して読めますよー!」
蝕王鬼の残留思念「オイ作者、業王鬼ハドウナルンダ!? オイ!!」
初原「それは追々分かっていくんじゃないですかね。それではまた次回でお会いしましょう!」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ