この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

3

佐野江.由良

夢波が終盤に転がり込んでいる予感がするのですが、こんなのを前に感じたらなかなか終わらなかった気が。
本当は小説ってしっかりプロット作って細かな修正して矛盾を直してから世に出すべきなのでしょうが、もはやこれに関しては筆(指?)の赴くままにやっております。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ