この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

4

佐野江.由良

もう一方の作品が読んでもらいたいという思いで書いているのに対し、この物語は書きたいという一心で書いています。この物語は昔からずっと考えていたもので、書いていると昔の自分のその思いが今の自分に引き継がれているような気がします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ