この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

4

佐野江.由良

相模頼高の子
長男 ??太郎…勉強ができるし戦える。
次男 ??次郎…勉強できる。
三男 沙羅三郎頼定…現代で言う脳筋。よく言えば一途、悪く言えば考えが凝り固まっている。
余談ですが。
この時代では大半の人が友穂を「ゆう」と認識してしています。これは「友穂」という名前がこの時代にそぐわないためで、 「友穂」の名を知るのは頼高とその長男、そして乱丸だけです(更に今回で頼定も知る事となりました)。
ただ信長に近い人物は皆「相模」と覚えていて、乱丸も普段はこちらで呼んでいます。これは信長が相模と言っているからです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ