BEST 青春群像コンプレクス

カガミナオヤ

♡ 7

第1話から読む

何処にでもある、有り触れた日常。
それが何よりも輝いていたのは、何故だったのだろう。
とある高校の片隅で。あるいはもう少し広い場所で。
繰り広げられる、人間模様のコンプレクス。
― きっと、君のせいだ。
 *作品表紙はWeb上で配布のものを加工しています。「かよ」様にお礼申し上げます。