この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

7

カガミナオヤ

ということで、「沈黙は恋を始める」
第9話をお送り致します。カガミナオヤです。
もはや独り言の域に達した今エピソードですが、
二人の行き先についてはまた何かの機会に
書くことになるでしょう。恋は始まったばかりだもの。
次回からは主人公を代えて、幾つか
小さなお話をお送りしたいと思います。
全体に暗いというか、真面目な雰囲気が
漂っていて書いている本人も沈みがちなので、
明るい要素を盛り込んで行ければなぁ...と
考えていますがどうなることやら。
なんにせよ、またお付き合いを賜れば幸いです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ