この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

4

カガミナオヤ

そんなわけで、「触れる指先の近さで」。
第二幕をお送り致します。
出来る限り、毎週日曜日に更新しよう...
と思っていたのですが、先週は果たせず。
今後はきっちり更新できるよう、己を戒めたいと思います。
細切れの小さな場面を繋げていくスタイルにも、
だいぶ慣れてきた今日この頃。この「青春群像コンプレクス」は
各話それぞれ、大まかなプロットのみで書き始め、
しかもすべて書き終わる前に投稿していますので、
最後がどうなるか、このコメントの段階では私も
分かっていません。
ドキドキワクワク、そわそわしながら、登場人物たちと
ともに歩んで行けたらと思います。
宜しければ、どうぞお付き合い下さい。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ