この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

3

カガミナオヤ

ということで、「触れる指先の近さで」。
第三幕をお送りします。
今回は、少し長い回となりました。
しかしこの「青春群像コンプレクス」、
出てくる登場人物がみんな何かしら悩んでいます。
というか、悩み事だらけです。
どうしてこうなったものか...書いている人間のせいだ、
というのは勿論ですが、シンプルに楽しいお話も
その内に書きたいと思います。
いつになるかは分かりませんが...
それでは、この辺りで。
宜しければ、次回以降もまたお付き合い下さい。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ