この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

3

カガミナオヤ

ということで「触れる指先の近さで」、
第4幕をお届けいたします。
今回もやけに長くなってしまったので、
急遽2回に分けることに。
この二人のやり取りは気付けばどんどんと進んでしまい、
書いている分にはとても楽しいのですが
どうにもコントロールが難しいようです。
しかしこの二人、本当に未成年なんだろうか......
少しやり過ぎている気もしますが、
こういうノリの方が好みなので敢えて
自重しない方針にしてみました。お許し下さい。
それでは、この辺りで。
宜しければ次回以降も付き合い下さい。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ