この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

3

カガミナオヤ

そんなこんなで「触れる指先の近さで」
第七幕、お送りさせて戴きます。
相変わらず長い...そして軟派少年のノリが
書いている本人にも理解できない。
顔は二枚目らしいですが役回りは
三枚目ですね。愛されて欲しいキャラです。
また、陸上少女は普段の友達付き合いだと
こんな具合のようです。
前のお話では調子を崩していましたが、
こちらが本来の姿。元気っ子ですね。
それでは、今回はこの辺りで。
宜しければまたお付き合い下さい。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ