この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

6

カガミナオヤ

そんな訳で、第6話をお送りします。
なんだかどんどん人が増えて行きますが、
彼らは今後のお話でそれぞれ活躍する予定で、
この話ではただの脇役ですね。
話の本筋とは関係ないエピソードが
増えてしまっていますが、このやり方で
どんなものができるか興味があった...
ということで、読み辛さはご容赦下さい。
それでは、また次の更新で。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ