この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

2

黙々

初めまして。黙々です。
まずは、この吹き出しで終わらせたモノをお詫び申し上げます。「こんなもの!ノベルとは認めない!」と怒りでスマホを握り潰す方もいらっしゃるかとは存じますが、何卒、抑えてください。
私は吹き出し型に慣れておらず、公式様のお話を拝見させていただいた時も吹き出しにしか目がいかず、それなら「全部吹き出しにしちゃえばいいんじゃね?」との短絡的思考でここまで来てしまいました。「こんな形の話もあって良いよね!」とポジティブシンキングで来てしまいました。
皆様のご意見を聞き、反対される方が多いのなら、「書き直しちゃおっかな!」とも考えております。皆様の声を私にお聞かせください。
それから、このモノにはご覧の通りセリフしかございません。少年の表情、言い方、姿、環境、想像してみて下さい。世界を作ってみて下さい。果たして、少年は本当に少年なのか?実は童顔な30代だったり?ミステリーですね。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ