BEST 怪壇

猫又

♡ 2

第1話から読む

純文学を書く者の技量が試されるのが怖い話である。
いかに想像力を掻き立て物語に引き込めるかが重要であり、怖いの種類も様々。他人が怖いのか、幽霊が怖いのか、自分が怖いのか。