この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

3

葵ヶ岡雄史

少々遅くなりました。表紙絵や顔グラを描いていたのですが思いのほかてこずっております。次の更新までには出来るとよいですが。
作者が一人でせこせこ絵を描いてる間に健一と沙代子はなにやらラブでコメなことをしております。おのれ。
健一と沙代子の干支が大学生の年齢とは違いますが、実はこの作品、書いた時が結構昔なのでその時期と合わせたものになってます。変えとけばよかった。ちくせう。
ここでしばらく沙代子とは別行動となります。
そう言えばとある人物と約束をしていましたね。
彼と一体何をするのか? 続きは次回で!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ