この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

41

晴星

こんにちは!晴星です。
お読みいただきありがとうございます。
はい。やっと学園敷地内なわけですが、無知な咲羅には学校生活を送る前に知るべき事が山積みなのです。
学校長みずから説明していますが、またまた彼女には辛い展開になってしまいましたね。がんばれ!
立つんだ、◯゛ョーーー!! すみません。
というわけで、次回も咲羅とともに風人講座を受講くださいませ。
次回もよろしくお願いいたします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ