この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

6

小谷杏子

どうも、小谷です。ここまでのご閲覧ありがとうございました。
帰ってきました。お久しぶりです。そして随分お待たせして申し訳ありませんでした。
ぼちぼち復活していこうと思ってます。
仁科と山彦がどう対峙するか悪戦苦闘した末、この結果になりました。
バトルでも良かったんですけどね。でも、今回の話しにはバトルは合わないだろうと考えてやめました。
次回で山彦編の最終話です。よろしくお願いします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ