この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

11

おくら

第2話です。構想段階では買い物の予定はありませんでした。何となくそういう雰囲気(どういう雰囲気や)になったんで入れちゃいました。まだまだ序章段階なので中々書きたいことが書けなくて、んーーーーってなってます(笑)でも頑張って伏線張ってます。ぜひ推理してください(2話じゃ無理ですね)

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ