この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

52

はーこ

若葉くーん。・゚・(ノД`)・゚・。!
 
優しく笑っていた彼も、実は悩んでいたんですね。それは、セラちゃんとの気持ちのギャップだったようで……。早く仲直りをしてほしい!
 
次回は、隼斗くん視点です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ