この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

53

はーこ

ご愛読ありがとうございます。ついに、ミブロの正体が判明しましたね……!
 
「壬生狼」と書いて、本来ならば「ミブロウ」と読みます。とあるものをもじっていたり。歴史好きな方の中には、ピンとくる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
もじってはおりますが、あくまで「壬生の狼」という、若葉くんのふたつ名ですので、作者の造語として「壬生狼=ミブロ」と認識して頂ければと思います。
 
さて、アクションの末に、ラスボスを倒しました。次回、ミブロに関する伏線の回収回となります。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ