この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

113

永春

閲覧ありがとうございます。
次回は、冒険譚らしい感じの話になる予定です。
*
前回コメント
>みほさん
応援ありがとうございます。ふたりの勇姿を印象的に感じて頂けたようで、何よりです。
メイリは最初の城を出た時から、ひとつずつ背負うものが増えていきますね。
「泣いている場合じゃない」と自分に言い聞かせながら、描写されていないシーンでこっそり泣いてるのかもしれません。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ