この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

56

双六

ということで、おしまいです。
ここまでお付き合いいただいた皆さまには本当に感謝です。
よそですでに書き終えていたものを、この吹き出し会話に加筆修正したものだったのですが、
無精もあり、時間がかかってしまいました。
コメントは本当に励みになりました。
嬉しかったです。
元々は、
「ここなら拾ってもらえるかなー」
「マンガ描いてくれる人いないかなー」
という打算的な気持ちでしたが、
やはりそううまくはいかなかったですね(;´∀`)
書いていいのかあれですが、某「小説家にな〇う」で、
このあとの続きを少しだけ載せてあります。
タイトルは違いますが、ペンネームは一緒です。
そちらも載せなおそうかとも思いましたが、
全然更新してないのでやめておきます(´ω`*)
ではでは、長くなりました。
おまけを残しておりますが、ここで締めの挨拶とさせていただきます。
ありがとうございました<(_ _)>

この作品が気に入ったら読者になろう!