この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

122

久代田ミト

どうも、実は姉ちゃんいない久代田ミトです。姉ちゃん的な人はいたけど。
ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
今ふと思ったんですが、私ってここで作品の内容についてほぼほぼ触れませんよね。「今回はこんな話でしたね」とか。
なんでかと言うと、なんていうか、ここでそれに触れてしまうと、ホントなら本章内で伝えなきゃいけないことを補完してる感じがして、嫌だからです。
ここに書くくらいならそれを本文から読み取れるようにしろよと。そう思っちゃうので、書きません。
余談ですが私は妹もいません。悲しい。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ