この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

127

久代田ミト

どうも、手榴弾は「しゅりゅうだん」と読む派な久代田ミトです。「てりゅうだん」を否定するわけではないです。
ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
こないだ、なんとこの小説のオススメ数が100を超えました。
一気に増えてて最初バグかと思いました。全話をオススメしてくれた方が二人いたのだと思います。
本当に感謝の極みです。フタエノキワミではないです。アー!!!(知らない人はフタエノキワミで検索検索ぅ)
まぁリアルの私は二重まぶたなんですけどね。
これからもこの駄文をよろしくお願いします。
余談ですが私は手榴弾は携帯してません。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ