この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

127

久代田ミト

どうも、油性ペンで人の寝顔にイタズラする奴だけは許さない、久代田ミトです。
ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
さて、皆さんは油性ペンの脅威をご存知でしょうか。
水性なら水で落とせます。が、油性はそうじゃない。落ちない。こすってもダメです。
いや、頑張れば消えないこともないですが、それは机とかに書いた時の場合であって、肌にやられたらそれをするわけにもいかない。
そんな強さで肌をこすったら皮が剥がれます。
調べたところ、口紅、サラダ油、マッチ棒、液体のり、などがあれば落とせるらしいです。
しかしそんなもの常備してるわけがない。
基本家に帰るまでそのままです。この地獄が分かりますか。道行く人々に奇怪な目で見られ、たまに笑われる地獄が。
そういうわけで油性ペンで肌に何か書くのはやめましょう。
余談ですが私は文化祭の準備で学校に泊まった時にやられました。あいつだけは……あいつだけは……

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ