この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

139

久代田ミト

どうも、戦闘させるの大好き人間、久代田ミトです。本人は弱いです。
ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
やっぱり戦闘描写って書いてて楽しいんですよね。もちろん他の文も楽しいのですが、これは特に。
厨二病患者にはたまらん。
異能バトルってだけでもうウヒー!ってなります。そこに変形武器とか入ってくるとウヒョー!ってなります。
お気づきの方もいるかもしれませんが、今回の三人の戦闘の描写は今までの鼎の一人称視点ではなく、三人称視点の描写となっています。
これはまぁ、何となく自分でルールを勝手に決めているだけなのですが、この小説では鼎以外を主体とする際は全て三人称になります。
一人称は鼎オンリーです。私が勝手に決めたルールなので小説全体のルールとかではないです。
余談ですが私は小学生時代に三年ほど空手をやっていました。めちゃめちゃ弱かったけど。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ