この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

136

久代田ミト

どうも、公式の方からアドバイスがもらえるイベントがあることを、募集期間が終わった後に知って死んだ魚の目で結果発表を眺めていた久代田ミトです。
ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
いつも二歩くらい行動が遅い。
私が何かを決意するともうちょっと前に決意しときゃ良かったのに……ってことが物凄くよくあります。
なんでなんでしょうね。
状況把握能力が著しく欠如しているんだろうか。そのせいで決意すべき時期を見逃すのかもしれません。
つまり周りに常に気を配る必要があるわけですね。
しかしそれを心がけると次は気を配る場所を間違えるのが私クオリティ。
どんな心がけも、そこに「私」という条件を付けくわえるだけで台無しになるのが私クオリティ。
言ってて悲しくなってきた。
まぁそれでも小説は書き続けますけどね。
余談ですが私が小説を書き始めたのは高校一年生の春です。もう六年近く書いてます。尚成長は――

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ