この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

139

久代田ミト

どうも、更新速度が遅くなると言ったな、あれは嘘だ。久代田ミトです。
すいません多分すぐ遅くなります今日が初日だったからまだマシだっただけです。
ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
さて、はい、生きてました。主人公。
言ったでしょう? 私。
死には何か深い意味があって欲しいって。
あんな何でもない場所でコロっと主人公殺すわけないじゃないっすかーやだー。
まぁでも裏を返せば、深い意味さえあればたとえ主人公でも容赦なく殺すってことですけどね。
もちろんヒロインだろうがライバルだろうがそれは同じです。
そんなこんなで前も言った気がするけど久代田ミトさん大好物の覚醒パートですね。
頭の中「うっひょー!」状態です。やっぱ覚醒っていいわぁ……。
次回の更新はいつになるか分かりませんが、遅くとも週末には更新しますのでご容赦。
ではまた次回。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ