この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

116

久代田ミト

どうも、休日の神様とかいたら全力で信仰する自身がある久代田ミトです。
ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
今回は毎度のことながらキリがいいので短めです。
最近ね、忙しくって小説書いてる場合じゃないのに次々と新しいお話が浮かんでくるんです。こういう時に限ってそうだ。
そんで忙しさが過ぎて改めて自分の考えた設定を見ると「なんだこの詰まんねえ設定」ってなるわけです。
分かってます。でも考えてる間は凄く楽しいし凄く良いと思ってるんです。
まぁこれは小説に限らず色んなことに言えることだとは思いますけどね。絵とか。動画とか。
皆さんも何か「これはいいアイデアだ!」と思うことがあったら、そのまま提出せずに一晩おいてからもう一回じっくり読みましょう。
案外ものすごくしょうもなかったりします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ