この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

1

くるみ朱里

お初にお目にかかります、若葉と申します。
この話の基盤を考えたのは確か小学六年生の頃。ライトノベルの先駆けの作品からすごく感銘を受けて、取り憑かれたようにノートに書いた記憶があります。ええ、間違いなく黒歴史です。
自由に公開できる場が増えた時代に則って、色々暴走させつつ完結に迎えたらな…と思っております。
お付き合いいただければ嬉しく思います!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ