この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

1

古葉涼

やー、日本語とはなかなか言う事を聞いてくれないものですなあ。
もっと良い表現があるのではないか。
もっとおしゃれな言い回しがあるのではないか。
そんなことばかり考えてこの話を書いていましたよ。
でもでも、そもそも僕は文法や正しい日本語。
なんてものをほぼほぼ理解できていないのだから、
そんなものは気にはしないでおこう。
なんて開き直ってしまいましたよw
ではでは、続きをはやめに書きあげてしまいましょうか。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ