この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

9

佐野江.由良

この人はもしかしたら「肉じゃが」のエピソードで知られているかもしれません。そしてこの人ゆかりの公園に行ったことがあります。

この世界での魂は「本人識別コード及び内容提示」の認識です。ICカードに使用履歴が残る様に魂にも記憶と罪が履歴として残ります。
そして人の死は二種類あり、一つは肉体から魂が離れる所謂「死」、もう一つは魂そのものが消える「消滅」となります。
死世界には死によって肉体から離れた魂が元の人格を与えられて過ごしています。人格を与える目的は、歴史の保存と転生の際人間としての感覚を忘れない為です。
転生とは履歴を消去し、識別コードを使い回す感覚です。
この人格を与える役割を担うのが死世界の代表・管理者ですが、自身は魂を持っていません。ロボットの様なものです。
では管理者を作ったのは?それが「創者」ということになります。
次は創者と神々について。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ