この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

1

tanoeco

昔から小説を書くのが好きでしたが、自分の文章をこのような形で衆目に晒すのは、初めての事です。そこそこ長いストーリーになりそうですが、一応頭の中には全体の流れと、ラストシーンができています。読んで下さった方に楽しんでいただけたら、これに勝る喜びはありません。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ