BEST 秋の終わり、春の訪れ

捌夜

♡ 2

第1話から読む

姫「はじめまして。作品説明を担当する瀧姫華です。」松「主人公(仮)の松岡昌文です。某ミュージシャンとは一切関係ありませんので、あしからず。」姫「この物語は、一応フィクションです。実在する登場する団体名・会社名・人物とは一切関係がありません。」姫「・・・え。これだけ?」松「そうらしいな...」